客に提供する品を採用するかどうか

Posted by on 9月 7, 2012 in 地方の医者 | コメントは受け付けていません。

レストランなどの仕事をしている人はわかると思うが、次々と、新商品を開発していく部署がある。そこで、お客様に提供する商品を採用か不採用かを決定することになるが、これは自分自身がよくても、万人に受け入れられなければ意味がないのだ。そのために、第三者的な感覚を持った人が商品開発に携わることが良いだろう。なかなか、思い通りにならないことの方が多い。それが、たくさんあっての大ヒット商品を開発することになると思うので、失敗の商品を出すことを恐れずに、色々とアイディアを出せる人が部署にいなければならない。トータル的に成功すればいいのだから、一時的な損害でも、取り返せるくらいのものを作れば成功なのだ。個人的にこの考えをすることは難しいかもしれない。ヒット商品を早く採用して提供できる環境にしたいのはわかるが、プロセスの方が私はもっと大事だと思う。まぐれで成功したのでは、次につながらないのだから、地道に日々研究するしかない。

Read More

医師採用されて狙い目は地方かと

Posted by on 8月 7, 2012 in 地方の医者 | コメントは受け付けていません。

念願の医師免許を取得しいろいろとあって医師として採用されるのであれば地方が良いと思う。地方では慢性的に医師不足が懸念されているだろうし、医師の採用も比較的スムーズかと思うからだ。最近は地方と一口に言っても採用される地方によっては生活に不便がない程度の場所もあるようだ。地方で採用されると周囲に感謝されると思う。ただ、地方で採用された場合は24時間体制で仕事をしていると考えないと勤まらないと思うので地方で採用された場合は数人で行った方がベストかと思う。そうすれば様々な対応ができるし、何より同じ医師仲間がいると心強いであろうからだ。ただ、地方で採用された場合に気をつけることがある。それは、コミュニケーション能力が必要だということだ。相手の言い分を聞きつつ自分の言い分もきちんと告げるという、相手に振り回されない言動ができることが地方で採用される時にもっとも必要とされることだと思う。医師の能力+適切なコミュニケーション能力がものをいうので地方で採用をされた際は気をつけてみよう。

Read More

地方公務員試験の採用について思った事

Posted by on 7月 7, 2012 in 地方の医者 | コメントは受け付けていません。

地方公務員採用試験は大きく分けて一次試験と二次試験がある。一次試験では一般常識検査や小論文などであり、二次試験は小論文に加えて面接がある。地方公務員試験はよく倍率が高いといわれるのが現状であるが、大抵が一次試験で落ちているため、しっかりと対策をしておけばさほど高くないという見方もできる。具体例だと名古屋市の採用について、ある年の地方公務員採用試験では倍率は9倍ほどであったが、二次試験のみの倍率をみると1.5倍程度しかなかったらしい。このように大半が一次試験で落とされているというデータがある。地方公務員への採用を目指している人はこの点についても注意を払って一般常識試験対策などを完璧にするのはもちろんのこと、面接についての対策も十分におこなっておこう。そのために公務員専門学校や通信教育などを活用するという手もあるので、どうしても公務員試験に合格したいという強い思いがある人は早いうちから対策を行うことをお勧めする。

Read More

地方の企業の採用を受けるなら

Posted by on 6月 7, 2012 in 地方の医者 | コメントは受け付けていません。

地方の大学、もしくは地元の大学というのは、一見就職が不利に思われがちであるが、地方の企業ならば、そのような大学出身者を採用する場合が多い。ただし、そこには、大学で何を学んだか、どんな経験をしたかというアピールポイントが必須であると言って良い。ようは、今この瞬間の、一分一秒を無駄にしてはならないということだ。勉強に限らず、スポーツや恋愛でも良いので、自分が大学へ行ってよかった、生きてて良かったと思える瞬間を持つことである。大学で絶対にしてはならないのが、一人で勉強し、一人でキャンパスライフを送ることである。一人で大学生活を送った結果、結局は何も残らなかった、というケースも多々あるのだ。世間体では、大学は一番楽しいところ、という常識があふれかえっているが、自分の大学生活を思い出してみると、それは地獄だった。自分の経験則からすれば、大学生活をエンジョイできないと、就職活動や資格取得への張りが出ないのだ。あなたがたには、そうなってほしくない。企業側も、そのような人材を採用したいとは思わないだろう。

Read More

医者の地方採用ってなかなか好条件だと思いませんか。

Posted by on 5月 7, 2012 in 地方の医者 | コメントは受け付けていません。

医者の地方採用ってとてつもなく好条件のところがあります。なぜそれほどまでに地方に行くのが嫌なのでしょうか。関東近辺や大都市近辺の大学病院において先進医療を勉強し、将来的に、アメリカに留学する等の夢がある人は絶対地方の採用は敬遠するに違いありません。しかし、何も考えずに、遊ぶ場所がない、やることが無い、つまらないと言った理由から地方を敬遠する人たちもいるはずです。その人たちにとって地方は魅力的ではない空間ですが、地方は地方なりに、よいところが沢山あります。都会のように無機質な関係を構築することなく、人と人のつながりを十分に実感できるのが最大の利点だと考えています。また、医療機関も不十分であることから、守ることができない命もあるかもしれませんが、地方勤務はとてもやりがいのある任務だと思っています。是非嫌がらずに地方の採用に積極的に手を上げていってもらいたいと思っています。地方採用をよろしくお願いします。

Read More